topimage

2008-08

*韓国映画「私たちの幸せな時間」~* - 2008.08.31 Sun


カン・ドンウォンと イ・ナヨン主演の

「私たちの幸せな時間」

今までアイドル的存在のカン・ドンウォンが

髪を短くして死刑囚という難役に挑んだこの映画~


幼い時の辛い生活~

貧しくて親に捨てられ愛を知らずに

子どもながらやっと生きてきたという過去

その上に起きた殺人事件~

死刑囚となったユンス(カン・ドンウォン)は

愛されることを知らない愛することも知らない

生きることに絶望を感じていて

早く死刑を執行されればいいと~~。


元・歌手ユジョン(イ・ナヨン)は

裕福でお金には困らない自由な生活ができるけれど

ユジョン(イ・ナヨン)も親の愛情を受けることがなく

3回もの自殺未遂を繰り返していた。

そんな死と向かい合っている孤独なふたりが出会い~



生まれて初めて

人と向き合い自分のことを理解して

自分の話に耳を傾けてくれる人 自分をさらけ出せる人

相手を想う気持ち~かけがえのない相手に出会ったことで

愛する人のために生きたい~

生まれてから初めて生きたいと思うようになる。


ふたりには許された時間は限られている~

死刑という罪~

観ていて胸がいっぱいになります~

死刑という罪~

死刑は必要なんだろうか~?

死刑囚の心の変化は~?

罪を反省してもう2度と過ちをしないという確信はできるのだろうか~?

犯人が死刑にならなかったら被害者の家族は~?

人が裁くって~?

死刑囚の生い立ちとは~?

生い立ちが似通っていたら~その生活を

見直すことで犯罪現象につながるのか~?

いろんな疑問が湧いてくる~考えさせられる映画でした~



死刑囚のユンス(カン・ドンウォン)の方言が

映画を引き立ててました~




コン・ジヨン 著 「私たちのしあわせな時間」の原作本

この本の訳を  蓮池薫 さんがしています。



**お知らせ~(*'-'*)**
韓国の記事をBlog「韓国の風」
HN **nabana**(ふふ(*'-'*))に移行しています(u_u*)
こちらへも訊ねてくださいね~
「韓国の風」←クリック


*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**


スポンサーサイト



*教育を与える義務~* - 2008.08.31 Sun


新聞で見つけた記事~

「学校に行きたくない」と言った子どもに

「だめよ~行かなきゃ」

と~返事をする親がほとんどで

「じゃ~どこに行きたい?」

と言ったらいけないのか~と~

義務教育とは

親がこどもに労働をさせたりせずに

教育を与える義務であり

子どもが学校に行く義務ではない~

子どもにあるのは教育を受ける権利だけであると~

なので~

なのでいじめなど何らかの原因で

学校に行きたくないという子どもには

子どもの気持ちを一番に考えて

学校を休ませるべきである~と~


昨今~こういう記事をよく目にする~

行きたくない学校を無理に行かなくてもいいんだよ~と~。


確かに

いじめにあったりしていたら

学校に行くのは何のために行くんだろう~と

考えてしまう~

こういう記事を読むと

休んでしまえばいいんだよ~行かなくてもいいんだよ~

という部分だけが心に残って

納得してしまう~

本来の教育を与える義務は

どこかに置き去りにされてしまっているのじゃないのかな~

休ませる~行かなくていい~の後ろに隠された

親としての子どもに対する責任~

休ませている間の親としてのあり方を

忘れちゃいけないような気がする~

それを忘れるとその子どもの成長に

どんどん大きな壁が出来てしまうような気がする~




数年前~

知人でいじめにあっているM君の親が

とても悩んでいると話された時~

M君の後ろにはいつもいつもお母さんがいるんだよって

言ってあげて~と。

怒りたい時もイライラしている時も

一呼吸おいてね~と。

今親が出来ることを考えようと

いろいろ話し合い~

彼女は子どもに

休んでいいんだよ~と言いながら

学校側との連絡を密にし

いじめているという子どもと話し合い

(この子どもさんは親の前ではとてもいい子で
嘘は当たり前のようにつき
親はうちの子に限ってと思っていました)

自分の子どもの言い分にも耳を傾けながら

その子どもの気持ちをほぐそうと

いつもエールを送る会話をし続けて~

(たまにイライラがあふれそうになると
SOSが入ってお茶したりしながら気分転換したり~)

現在~どうにか学校へ通い

行きたくないという言葉は出なくなって

初めてお友だちもできて高校生活を送っている~


かたや~

知人の子どものS子ちゃん~

いじめにあっているから学校に行きたくないと~

こういうときの処置法は

「休んでもいいんだよ~」~と即実践~

休んでいるから~

いつ起きようが食べようが~時間とは無縁な生活~

他人が心配してなにか言おうものなら

「何も言わないでよ~この子は病気なんだから~」と

この子を治らせるのは休めば治ると思っているようで

治らせるためにとか~

集団で生活する意味とか~

何も教育しないで休ませるだけで~

数年が経って~高校卒業~

未だに時間とは無縁な生活が続いてしまっている~




教育を与える義務~

教育を与えるのは学校だけではないと~休ませるのなら~

大切なのはその子の気持ちだけど~

親として休ませている間に何をしなければいけないのかは

もっともっと大切な気がしてしょうがない~

未来ある子どものために~~







*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking         *クリックしてね~^^**

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

**ようこそ**

...  ふふ(*'-'*)

Author:... ふふ(*'-'*)
*******************
柔らかな陽射しが好き。

優しい風が好き。

まぁるい心が好き。

**ふふ(*'-'*)**

**新しい記事φ(。。;)


**カテゴリー**

**リンク(o^-')b

**訪ねてくださいね~**

**ランキング~(*'-'*)

**ランキングに参加しています**

FC2Blog Ranking


人気ブログランキング

*↑クリックしてね(*'-'*)

**月別アーカイブ**

**最近のコメント(*'-'*)

**コメントありがとう(*'-'*)*

**ありがとうの数**

来てくださってありがとう(*′∇`)。

**メールフォームφ(。。;)

*ふふ(*'-'*)へのメール*

*お名前:
*メールアドレス:
*件名:
*本文<お問い合わせ感想等どうぞ>:

**QRコード**

QR